ギャラリー美苑

トップページ商品カテゴリお支払い・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

弥生系やきもの

縄文系やきもの

雛人形とひな祭りのルーツについて

 雛人形は穢れ(けがれ)をや災いを移して流す人形「ひとがた」が起源とされ、平安時代に始まったと言われています。これは今も各地の神事として「流しびな」として各地に伝わっています。その流れの一つは中国の「五節句」のひとつ「上巳の節句」(じょうしのせっく)です。3月の初め、巳の日に水辺に出て不祥を除くための禊ぎ(みそぎ)、祓え(はらえ)をしてお祝いをしました。中国では初めは巳の日でしたが魏の時代より3日となり、中国でのこの行事のいわれは、けがれを祓い清める招魂の意味でしたが、日本独自の祓え(はらえ)の思想と結びつきました。
日本書紀にも3月3日が「上巳の節句」との記述があります。
祓え(はらえ)の道具として人形(ひたがた)があります。病気や穢れをこの人形(ひとがた)に託し、肌身にすりつけ、息をふきかけ、これを川に流しました。もう一つは子ども達の「ひいな遊び」です。昔は子どもが無事育つことは大変な事でした。そのため、幼い子どもの枕辺には「天児」(あまがつ)いう30pほどの二本の竹の棒を束ねて、人形の両手となるように竹を横に組み合わせて、その上に白絹の布をつけ、簡単な着物を着せ、穢れを祓う人形「ひとがた」を立てました。また、「這子」(ほうこ)という上巳の祓いに送られた、白絹に綿を詰めて造られ、ハイハイをするような形の人形、形代(かたしろ)が、聖なるものとして枕辺に置かれました。これは日本のぬいぐるみの原型と言われています。(飛騨高山の「猿ぽぽ」が現在に伝わる這子(ほうこ)と言われています。)
やがて、これらが幼児の人形遊びの道具となり、「ひいなあそび」となっていきました。天児(あまがつ)は、お内裏さまに、這子(ほうこ)は、お雛さまとなっていったのです。そして、この「ひとがた」と「ひいな」が結びついて現在の「お雛さま」になっていったのです。上巳の祓いの人形(ひとがた)と幼女の遊び道具の人形(ひとがた)は初めは捨てられていましたが、中世以降になると捨てずに飾られるようになり、「飾り雛」として造られるようになりました。そして、平安時代の宮廷を模した雛壇の雛人形となっていったのです。これが、雛人形が、かわり雛(身代わり雛)であり、3月3日にしまわなければならないのも、しまう=流すから来ているのであり、ひなあられなどお供えをするのも、「息を吹きかけ、その人の災いを移す行為」からなのです。これで、桃の節句が女の子(特に幼児)の祭りであるのも、大切な災い除けの祭りであるのもご理解いただけたと思います。
 

備前焼について

 昔から「備前の水がめは水が腐らない」、「備前の徳利は酒がうまい」とか、最近では「ビールを呑むなら絶対、備前!」といわれます。なぜでしょうか。まだ研究途中ですが、お酒の場合は14日間もゆっくりと松割木で焚かれる備前焼は焼き上がっても、遠赤外線を放射し続け、それがお酒などの熟成をすすめ、入れておくだけでおいしくなるともいわれています。その秘密も少しずつ明らかにされつつあります。また、ビールについては焼締の表面の細かい凹凸がビールのきめ細かい泡を作り出し、うま味をより引き立て、泡が長持ちすることで気が抜けにくく、焼締独特の保冷効果と合わせてビールをどなたでも美味しくいただけるなどいくつかの秘訣があります。

【備前焼の歴史】
   
 備前焼は須恵器を源流に現代まで千年もの間、焼き継がれているやきものです。無釉の焼締陶としての枯淡の美は常に人々を魅了してきました。

 別名「伊部焼」とよばれる備前焼はその起源は「忌部(いんべ)」と称し、祭器としてつくられたものといわれています。
今日のような備前焼になったのは鎌倉時代からで、種壺、瓶、擂り鉢など実用の器が生産されるようになりました。
室町時代には「備前擂り鉢投げても割れぬ」、「備前の水瓶水腐らず」といわれるほど全国的に普及していきました。

 備前焼の名声がさらに高まったのは桃山時代です。「侘茶」の流行にともない、素朴な土味が「侘」「寂」に通じるものとして多くの茶人に認められ、豪快で力強い作風は武将や時の権力者に愛されました。
特に豊臣秀吉の備前好きは有名で当時の茶会では他の無釉陶器に比べ、圧倒的な人気を誇っていました。

 江戸時代になると江戸時代になると茶人の美意識が変化します。繊細で華奢な「綺麗寂」といわれ、それまでの桃山陶の豪快さは敬遠されるようになりました。

 民芸について

民芸とは何でしょうか。

昭和初期、民芸運動の指導者、柳宗悦らによって提唱された「民衆的 工芸」の略称です。

   1.実用品であること。
   2.伝統を受け継いだ無名の工人の作であること。
   3.素朴で健康な美があること。
   4.安価であること。
民芸を名乗っているのにもかかわらず、もはやこの本来の意味を忘れた作品の氾濫する中、かたくななまでに「民芸の心」を守り続けているの
が沖縄です。使いやすくじょうぶな作り、器からはみ出そうな勢いの図柄、そして1000〜2000円の手造りの湯呑や飯碗が豊富に揃うのが沖縄のやきもの「壷屋焼」の魅力です。

【泡盛が育てた壷屋焼】
泡盛なくして沖縄は語れないほど生活や文化に密着しています。
壷屋焼の多彩な器は泡盛を入れる酒器として作られたものがほとんどです。
  嘉瓶(ゆしびん) 祝儀用の泡盛入れ
  瓶子(びんしー) 祈願所を拝むときに使われた御神酒徳利。
  対瓶(ついびん) 仏壇などに対で泡盛を供えた瓶
  タワカシ瓶    二升入り徳利
  抱瓶(だちびん) 携帯用徳利